有限会社いろは貿易

ピンバッジの工法

ピンバッジの工法

七宝焼きのピンバッジ

七宝 ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

最高級品。表面が硬い・輝きがある。選択可能な色数が少ない地金と色部分が滑らか(ツライチ)な仕上がりです。

ガラス質の釉(うわぐすり)を焼付ける工芸技術。釉で着色された粉を盛り、高温(約800℃)で焼付けた後、磨きます(1色ごとに焼付け・磨き)。

擬七宝のピンバッジ

擬七宝ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

選択可能な色数が多い。七宝と同様、地金と色部分が滑らか(ツライチ)な仕上がりです。

ガラス系の粉(塗料)を使用しませんがエポキシ系塗料を盛り→焼付け後→磨くことにより七宝と同様の見た目を作り出します。

プレスソフトエナメルのピンバッジ

プレスソフトエナメル ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

七宝や擬七宝に比べ地金のラインが細くできます。

材料をプレスすることにより凹凸を付け、凹部分にソフトエナメルを色入れします。エポキシを盛る(厚・薄)ことにより質感・味わいが変ります。

プレス(色入れなし)のピンバッジ

プレス(色差し無し)ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

金属感(凹凸感)があります。七宝・擬七宝に比べ地金のラインが細くできます。

材料をプレスすることにより凹凸を付けむす。メッキ・表面処理(ホーニング等)により味わいが変ります。

エッチングのピンバッジ

エッチングピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

プレスに比べ・細かいデザインが表現できます・割安です。外側の抜きの地金ラインはプレスより太くなります。

酸により表面を腐食させ材料を凹ませます。凹に色入れします。エポキシを盛ることにより質感が向上します。

シルク印刷のピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)

シルク印刷 ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

大量生産の場合は割安です。オフセットに比べ色が鮮明です。

編み目のついた布(シルクメッシュ)を使い、1色ごと印刷をします。オフセットに比べ塗料の厚みがあるので色が鮮明です。表面保護・質感向上の為エポキシ処理をします。

オフセット印刷:CMYKのピンバッジ

オフセット印刷 ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

大量生産の場合は割安です。。フルカラー・グラデーション表現が可能。色数が増えるとシルクよりも割安。

CMYK(4色のインク)を組合せることにより、フルカラーを表現します。表面保護・質感向上の為エポキシ処理をします。

ダイキャスト

ダイキャスト ピンズ(ピンバッジ,ピンバッチ)

立体的な表現・厚みのあるデザイン・複雑な形のデザインが表現可能。(金属型)

プレスなどは2Dの凹凸を基本としていますが、キャストは成型しますので立体的なデザインなどに向いています。

ラバーキャストのピンバッジ

ラバー・キャスト

ダイキャスト同様に成型ですが、ゴムの型を使用します。

ダイキャストほどシャープな仕上がりに出来ませんので、小さい文字などの表現は苦手です。

画像をクリックして頂くと、より細かい説明のページに行きます。


アタッチメントをを変えることにより、
ピンズはストラップ, ファスナーキーホルダー, キーホルダー,などにもなります。