有限会社いろは貿易

蝶バネ(バタフライクラッチ) USバローピンとノーブランド

蝶バネ(バタフライクラッチ) USバローピンとノーブランド

蝶バネ(バタフライクラッチ)は
もともとUSバロー社が開発したもので、パテントが切れてから
他社でも作られるようになったようです。
ノーブランドの方が使われることが多いですが…
USバローピンに拘りを持たれている方も多いと思います。
USバローピンの底(裏)には刻印さされていてカッコいいです。(品質も優れている)

しかし、USバローピンは中国の工場で使う場合にはメッキを掛けなおします。
ニッケルメッキ(銀色)はそれほど違いはないのですが
金メッキのものはノーブランドの蝶バネより金メッキの色が薄くなってしまいます。

これはピンバッチの金メッキのかけ方ではなく
真鍮メッキのメッキの掛け方(ざぶづけメッキ)をするためです。