有限会社いろは貿易

いろいろな表現

いろいろな表現

ピンズ・ピンバッジのいろいろな表現

エポキシの有無

エポキシ無し(プレス・ソフトエナメル)
エポキシ有り(エッチング)
エポキシの有無

エポキシのないピンズとエポキシを盛ったピンズの違い。
エポキシを盛らない場合は、エッチングピンズよりプレス系ピンズの方が
効果が大きいです。 (エポキシは凹凸差が小さすぎる為)

擬七宝ピンズはエポキシを盛りませんが
地金と色の部分の高さをほぼ同じに仕上げます。

ピンズ メッキの種類

ピンバッジ/メッキの比較
ピンバッジ/メッキの比較

 

古美メッキは通常のメッキのあとに、化成処理などによって古い雰囲気を出します。
古美メッキをかけたあとに、表面を磨くことにより、(凸部分は磨かれ、凹部分は磨かれないため)凸部分は凹部分より古美が薄くなります。
そのため、他の金メッキやニッケルメッキなどに比べると、メッキの個体差が出ますが、これは味わいのひとつだと思います(1個1個メッキの色合い・濃淡・濃淡の場所、が少しずつ異なります)。

この濃淡が古美の風味を出し、また凹凸のメリハリを出します。

古美メッキのときに、凹部分を砂目状にすると、凹砂目の部分は磨けないため、墨で真っ黒くなってしまい風味が出ません。

このように通常のメッキに加え、古美用の処理が必要になるために、金メッキやニッケルメッキなどと比べるとコストが上がってしまいます

・艶消し
一般的な艶消しの方法はメッキ後の製品に、ニスを吹きかけて艶を消します。
ニスを吹きかけたあと、凸部分を綺麗に拭き取ることにより凸部分は光沢が戻ります。
ニスを吹き付けるとき、ニスの粒子の大きさを調節することにより、艶消し部分の状態の調節ができます。

凹部分は艶消し状態になります。しかし、艶消し部分をこすると、艶消しが消えて光沢が出てきます。

ホーニングほど強く磨く必要がないため、凹凸は少なくできます。
しかし、ニスを吹きかけることにより、凸部分の光沢が濁ります(当然、変色させているので)。

ホーニング

金メッキ

金メッキ

金メッキのホーニング

ニッケルメッキ

ニッケルメッキ

ニッケルメッキのホーニング

銀メッキ

銀メッキ銀メッキのホーニング

・ホーニング
プレスしたあとのピンズのプレートに、小さい粒をぶつけ(メッキ前)非常に細かい砂目をつける(凹部分のみ)……というより均等で綺麗な艶消しを作る、でしょうか。
艶消し部分をこすっても艶消しは落ちません。

細かい粒子をぶつけたとき、金属の表面に傷ができます(傷が艶消しです)。
その傷を磨くことにより(凸部分)、光沢を戻します。
他の仕様より磨く量が多くなるので、プレスのとき凹凸を大きくプレスします(細かいデザインは磨きの工程で潰れやすく、磨きが難しい)。

ピンズ凹部分の処理の違い

凹砂目

凹砂目

凹ホーニング

凹ホーニング

ホーニングに比べ 凹砂目はコストを抑えることが出来ます。

ピンズ裏文字の種類

ピンバッジ/裏文字

(上)凸文字のみにて
(下)表現凸文字+外枠
プレス系の裏文字

ピンバッジ/裏文字

花紋に凹文字(外枠付)
エッチングの裏文字

ピンズの梱包方法

PP袋入

PP袋入

台紙+PP袋

台紙+PP袋

ヘッダー付きPP袋

ヘッダー付きPP袋